ビオラとパンジーの最新・人気品種11選!特徴や買える場所も!

ビオラとパンンジーは、可愛らしくて花期も長く、花の少ない秋冬花壇では定番の人気者です。

そしてビオラ、パンジーは、毎年100を超える魅力的でバラエティに富んだ新品種がつくり出されています。

そこで今回は『ビオラとパンジーの最新・人気品種11選!特徴や買える場所も!』のタイトルで、改めてビオラとパンジーの魅力を品種紹介を通してお伝えしていきたいと思います。

また、探しても見つからないとの声も多い人気品種。
今回は、1月現在でも買えるショップも一緒に、ご紹介しています。

こんな方におすすめ

  • ビオラとパンジーの最新品種を知りたい
  • ビオラとパンジーの人気品種を知りたい
  • ビオラとパンジーが1月でもまだ買えるお店を知りたい

 

 

ビオラ・パンジーとは?違いや特徴も!

 

この投稿をInstagramで見る

 

mipo35(@mipo_0305)がシェアした投稿

  • 学名:Viola
  • 科名:スミレ科
  • 属名:スミレ属
  • 分類:草花

ビオラとパンジーは、冬から春にかけて長く咲く一年草です。

ビオラとパンジーの違いは色々な説がありますが、そもそも明確な区別はありません。

また現在はお互いが複雑に交雑され進化していることから、厳密な線引きが難しくなってきています。

便宜的に、

花径が約5cm以上のものをパンジー

花径が5cm以下のものをビオラ

と呼ぶ傾向が多いようです。

関連記事>>>『ビオラとパンジーの違いは?|植え付けや水やりのコツも!』の詳しい記事はコチラ▼

ビオラとパンジーの違いは?|植え付けや水やりのコツも!

またビオラ、パンジーは、色、形、咲き方の種類が豊富で、毎年100を超える魅力的でバラエティに富んだ新品種がつくり出されています。
その中でも特に日本はビオラとパンジーの品種改良の最先端を走っています。

交配の作業が比較的簡単に行えることから、現在では個人育種家も多く、商業ベースに乗らない個性的な花も楽しまれています。

またビオラとパンジーは丈夫で育てやすく、冬の間も可愛らしい花を次々に咲かせる一年草の植物です。
そしてビオラとパンジーの開花期は、10月~6月までと大変長くガーデニングには本当に欠かせない存在です。

関連記事>>>『ビオラとパンジーの育て方|長く咲かせるには?花柄摘みや追肥が大事!』の詳しい記事はコチラ▼

ビオラとパンジーの育て方|長く咲かせるには?花柄摘みや追肥が大事!

今回はその中から、花つきの良いおすすめの『最新品種・人気品種11選!』を、次項でご紹介していきます。

また、ホームセンターや実店舗では もう扱っていない1月現在でも、
ご紹介した品種が買えるネットショップ
も一緒に掲載しています。

それでは見ていきましょう。

ビオラ・パンジー最新品種

ぞうさんビオラ【ビオラ】花径:約2~3cm

ぞうさんビオラの画像

ぞうさんビオラは、下花弁がカールした珍しいビオラです。
カールした花びら画像の鼻のようにみえるので「ぞうさんビオラ」と名づけられました。

通常、ビオラは花粉が雌しべに付き受粉となり、受粉するとタネを実らすため、花は枯れ、そのエネルギーは種を育てるために使われます。一方、ぞうさんビオラは花粉が出ないのでタネを付けることがりません。
その為、花はいつまでも「長く」美しい状態を保ち、花いっぱいの株に育ちます。

花の形だけではなく、その性質もユニークなビオラ。

 

シューガ―ラビット【ビオラ】花径:約3cm

シュガーラビットの画像

シュガーラビットは、縦長の細弁タイプでライトブルーとホワイトの優しい色合いです。
多花性で株張りがよく、寄せ植えやハンギングにも大変向いている品種。

ライジングアイス【ビオラ】花径:約3cm

ライジングアイスの画像

ライジングアイスは、あらゆる寄せ植えにも、一鉢だけでも楽しめる、爽やかでキリッとした色合いです。
ビオラの中でも ひと際、香りが強めでしっかり香る品種です。
爽やかなカラーに綺麗な青い脈(ベイン)が走っている、ありそうでなさそうなビオラ。

 

リトルコニー シリーズ【ビオラ】花径:1~2cm

リトルコニーの画像

リトルコニーは、ビオラの中でも、極小輪のとっても小さい花が特徴のビオラ。
可愛らしく咲く姿から『リトルコニー(小さな野ウサギ)』の名が。
花つきがよく、色付きがよく、株のボリュームが出る品種。
優しい色合いの様々なカラーの、リトルコニーが登場しています。

 

 

 

ピュエナ ピュアホワイト【ビオラ】花径:約3cm

ピュエナピュアホワイトの画像

白いビオラは大変人気のカラーだか他色に比べて花弁が弱い傾向にありました。
その中で今回登場したピュエナ ピュアホワイト
『花弁が強く』『純白度が高い』待望の白色花です。

 

コリーナテラコッタ【ビオラ】花径:約2cm

ビオラコリーナテラコッタの画像

コリーナ テラコッタは、小輪系でテラコッタ系のブラウン色にベイン(脈上の模様)が入る色合いのグラデーションです。
多花性で冬も休まず開花する品種です。

 

ぴーちももか【ビオラ】花径:約3~4cm

ぴーちももかは、「百花」繚乱で咲く姿から名付けられた『ももかシリーズ』の新色です。
濃淡のあるピンクで大人色の花です。

 

 

人気品種

べっぴんさんビオラ夢紡【ビオラ】花径:約5~6cm

べっぴんさんビオラの画像

神戸べっぴんさんビオラは、『庭人さん』監修の個性あふれる魅力的なビオラシリーズです。
他にはないカラーのビオラが楽しめるとファンが多い大変人気の品種です。

 

ピンクコアラ【ビオラ】花径:約2~2.5cm

ピンクコアラの画像

ピンクコアラは、この花の表情が『コアラにそっくり!』と、名付けられました。
アンティークなピンクが大変個性的で大人気品種です。

 

ドラキュラ【八重咲パンジー】花径:約6~8cm(個体差あり)

ビオラドラキュラの画像

ドラキュラは、『これ、何の花?』と思ってしまうほど豪華なパンジーです。
フリンジが強く、お花全体がボール状になるパンジーを目指されています。
(現在はまだフリンジの強さに個体差が若干あります。)

フリルの強弱には個体差が多いですが、寒くなるとフリルが強くなる傾向です。
個性派なので、ファンが多いですが、大変希少でなかなか手に入りにくい品種です。

ネットでの販売も現在(2020/1/12)完売のため終了しています。

\ドラキュラを(1/13現在)販売しているネットショップを発見!!/

ビオラドラキュラの花の画像

JUNK SWEET GARDEN TEF TEF
※1回の注文につき1苗までの限定数での販売。

 

ヌーヴェルァーグ【ビオラ】花径:個体差あり

ヌーヴェルバーグの画像

ヌーヴェルバーグは、30年前の数十品種を育種・選抜し続けてできた究極のビオラです。
現在品種は100個体以上あり、どれも個性的であり、神秘的です。

一つとして同じ花のない、1点ものです。
耐暑性や秋咲性など株の性質も良い品種です。

また、今とても注目を集めている、佐藤勲さん(サトウ園芸)が、生産された品種です。(ドラキュラも)

こちらも残念ながら、ネットでの販売も現在(2020/1/12)完売のため終了しています。

ビオラ・パンジーの変色についての注意

テラコッタ色の我が家のビオラの寄せ植えの画像
▲11月のテラコッタ色の我が家のビオラの寄せ植え▲

ビオラとパンジーを秋に購入して育てていると、「あれ花の色が変わった?」と、気付くことがあります。

最初に気に入って買った花の色と違ってくることが多いのです。
これはビオラやパンジーが気温の変化によって影響を受けるからです。

ネットショップにも・・・

品種によっては花色に幅があり画像とは異なる場合があります。
天候や気温、日当たりなどによって生育状態や色に変化があります。

との注意事項を表記しているショップも多くみられました。

冬の温度が低い時期は青み(紫)が強くなる傾向にあり、高温になると色は淡くなることが多くみられます。
そしてビオラやパンジーのもう1つの特徴として多いのが、
冬の間は茎が短く咲き、夏なるにつれ次第に茎は長く徒長気味になってくるというのも温度変化の影響です。

テラコッタ色が青っぽく変化したビオラの画像
▲テラコッタ色が変化した1月の我が家のビオラ▲

天使の誘惑』という品種は、花色が変わる!という特徴を生かして販売しているほどです。
購入した気に入っていた色が良かったという声もありますが、季節によって色の変化が見れるので私はお得感を感じて楽しんでいます。

また10月に購入された方で既に、『花が咲かない。』『花付きが悪い。』
という声もあったので記事にしています。

関連記事>>>『ビオラとパンジーの花が咲かない理由は?対策と季節の育て方も!』の詳しい記事はコチラ▼

ビオラとパンジーの花が咲かない理由は?対策と季節の育て方も!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『ビオラとパンジーの最新・人気品種11選!特徴や買える場所も!』のタイトルで、改めてビオラとパンジーの魅力を品種紹介を通してお伝え致しました。

また、もう手に入らないと諦めていたビオラとパンジー。
ネットショップでは、まだ扱っているお店がありました。

実は私も駆け込みで、もう1つ気になっている色の品種を購入してしまいました笑。
手元に届くのが待ち遠しいです。

そして、こまめに花がらを摘み、定期的に液体肥料を施すことでビオラ、パンジーを長く楽しみたいですね。

それでは、以上になります。
最後までご覧頂きありがとうございました。

また、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

*******************

▼クリックをお願いします♬▼励みになります♡

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

コメントを残す