ホスタ(ギボウシ)の育て方のポイント!シェードガーデン向き【宿根草】

スポンサーリンク






和の庭にも洋風の庭にも似合う、ホスタ(ギボウシ)。

種類が多く育てやすいことから海外でも大変人気のある植物です。

我が家にも沢山あり、管理が楽なので本当に助かっています(笑)。

そこで今回は「ホスタ(ギボウシ)の育て方のポイント!シェードガーデン向き【宿根草】 」のタイトルでご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

ホスタ(ギボウシ)とは


植物名:ホスタ(ギボウシ)
学名 :Hosta
英名 :Hosta
科名 :ユリ科
属名 :ギボウシ属
草丈 :30㎝程度

ホスタは多年草(宿根草)です。

古来より鑑賞用に栽培され、今では多くの品種がつくりだされました。

葉の色や形はもちろん葉の大きさもさまざまで、葉の長さが30センチ以上の大型、20センチ前後の中型、10センチ前後の小型の3タイプに大別されます。

初夏から夏にかけて花茎を長く立ちあげてラッパ型の花を開花し美しい涼感ある姿を楽しめます。

最近ではシェードガーデンの定番的存在です。ギボウシは冬は落葉して地上部がなくなります。

ホスタ(ギボウシ)は日陰でも大丈夫?

植物は日当たりがいい場所ではないと育たないのでは?
日陰でも育つ管理のしやすい植物はないかな?

という方にピッタリなのが、このホスタ(ギボウシ)だと思います。

ホスタの栽培環境で適しているのは半日蔭になる場所が理想ですが、建物の東側など午前中だけ直射日光が当たる場所でもよく育ちます。

そして1度植え付けてしまえば日常の管理は特にありません。

庭植えのホスタは基本的には根付いてしまえば水やりの必要はありません。
真夏に極端に土が乾いている場合のみ水やりをします。

また鉢植えのホスタは土が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。

管理がしやすく日陰や半日蔭でも育てやすい。

そして日陰は雑草も伸びにくし場所なので、初心者の方が庭作りをする時にオススメなのがホスタ(ギボウシ)といっても過言ではないほど育てやすい植物です。

Sponsored Links

ホスタ(ギボウシ)管理・育て方のポイント

【3つのポイント】

  • 庭植えの場合半日蔭に植えると育てやすい。
  • 鉢植えの場合、盛夏は直射日光を避ける日陰で育てる。
  • 株分けで増やせる(時期:晩秋から早春)

シェードガーデンとは?

シェードガーデンとは、日陰または半日陰の庭のことを そう呼びます

日陰には、日なたでは育ちにくい植物や過湿が好きな植物、夏に向けて暑さに弱い植物などがに育てられます。

そして嬉しいことに、日陰では雑草も育ちにくいのでじつは管理もとっても楽なんです。

日陰が欲しくて大きな木を植えたという方もいるくらい、日陰はとっても魅力的なんです。

シェードガーデンで育てやすい植物として今回はホスタ(ギボウシ)をご紹介しましたが、他にもクリスマスローズや、ヒューケラやアジュガなどがあります。

また詳しくご紹介していきますね。

クリスマスローズの記事はコチラ▼

クリスマスローズの開花時期は?育て方と楽しみ方もご紹介!【多年草】

最後に・・・

葉の種類が大変多く、リーフプランツとして有名なホスタ(ギボウシ)。

紫や白の花もたくさん咲かせ、花がかわいいことでも有名です。

春の初めころにくるくると丸まった葉が芽吹く姿もとても可愛らしいです。

まだお庭にホスタを植えていらっしゃらない方も、この記事を読んで、ぜひ育てやすいホスタを庭に仲間入りさせてやってもらえれば嬉しいです。

今回は「ホスタ(ギボウシ)の育て方のポイント!シェードガーデン向き【宿根草】 」のタイトルでお届け致しました。

それでは以上になります。
最後までご覧頂きありがとうございました。

▼ポチっとして頂くと喜びます♬▼

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です