手間いらずの庭|クレマチス・ラミウム・ナルコユリ・ユキノシタなど

スポンサーリンク






5月・・・庭で過ごすのが気持ちいい季節になりました。

また庭に出る度に、花や緑が変化しているので、それを見つけるのも楽しみです。

そこで今回は我が家の「手間いらずの庭|クレマチス・ラミウム・ナルコユリ・ユキノシタなど」をご紹介したいと思います。

Sponsored Links


5月の庭|クレマチス(篭口)

 

クレマチスの画像

原種だけで世界に300種余りもあるといわれるクレマチスは花型や花色も大変多彩です。

その中で我が家に植えてあるのはインテグリフォリア系の篭口(ロウグチ)です。

濃青紫色のベル型の花は早目に剪定してやると年に数回花を咲かせてくれます。

このまま10月頃まで花が楽しめるうえに、育てやすいのでオススメです。


5月の庭|ラミウム

 

ラミウムの画像

木製ベンチの足元で黄色い花を咲かせているのは、黄色の花を咲かせるがラミウム・ガレオブドロンで、我が家のラミウムは葉の中央に銀灰色の斑が入っているものです。

暑さにはやや弱い性質ですが、半日蔭のこの場所ではビッシリと増え5月~6月の間は花が楽しめます。

また耐寒性もあるので、グランドカバーにも最適です。

葉の色や花の色も様々あるので、庭のカラーリーフとして重宝する植物だと思います。

 

5月の庭|ナルコユリ(アマドコロ)

 

ナルコユリの画像

建物の北側は、ほぼ一日中日が当たることがなく日陰のシェードガーデンになっています。

そして、その場所にはナルコユリ(アマドコロ)が今年も顔を出し、今は可愛い白い花を咲かせています。

控え目な小さな花はユラユラと涼しげに咲いていて清楚な雰囲気です。

 

5月の庭|ユキノシタ

ユキノシタの葉もたくさん顔を出してきました。

ユキノシタは、常緑の多年草で半日陰から日陰のやや湿った環境を好みます。

我が家では、ナルコユリの足元にビッシリと生えています。

多年草なので世話もいらないうえに、毎年こうして出てくるのも魅力です。

またもうすぐ、春~初夏の頃に白い花をつけるので、これから楽しみにしています。


最後に・・・

5月の庭いかがでしたでしょうか?

今日は5月4日なので、これから5月末までの間に植物の変化が大きくあると思います。

そこで5月は何度かに分けて、庭の植物や様子をご紹介したいと思います。

また楽しみに覗きに来てくださいね。

今回は我が家の「手間いらずの庭|クレマチス・ラミウム・ナルコユリ・ユキノシタなど」をお届け致しました。

それでは以上になります。
最後までご覧頂きありがとうございました。

****************

▼ポチっとしていただくと喜びます♬
▼ありがとうございます!!

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です