育てやすいハーブとは?初心者にオススメのキッチンハーブ7選!

スポンサーリンク






簡単に育てられて、利用法も様々なハーブは「植物を育てる楽しさ」をまず知ってもらう最初のアイテムとしてぴったりです。

そこで今回は、その中でも厳選して「育てやすいハーブ7選!初心者にもオススメのキッチンハーブとは?」のタイトルでお届けしたいと思います。

 

Sponsored Links

 

ハーブとは?

ハーブとは雑草のような強さを持ち、日々成長を感じられる植物です。
毎日の水やりの時間にも、葉が放つ香りに癒されます

育てるのにも特別な世話がいらないものが多く、環境にあった育て方をすればすくすくと育ちます。

そして一番の楽しさは収穫です。
苗から育てると、比較的にすぐに収穫できるので、その日使う分だけ摘み取り、ハーブティーにしたり、料理に使ったりと活用方法も多く、育てる楽しみを体感できる植物ではないでしょうか。

初心者にオススメのキッチンハーブ7選!

それでは、我が家のテラスで実際に育てているハーブ7種類をご紹介します。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mipo35さん(@mipo_0305)がシェアした投稿

1.ローズマリー

ローズマリーはマンネンロウ科の常緑低木で、直立する立ち性のものと、地面を這うように伸びるほふく性のものがあります。
葉の形や香り、花の色や大きさ、開花時期などは品種によって様々です。
一年中、葉を収穫できるローズマリーは独特な濃厚な香りを持ち、料理に1~2枝入れるだけで味がグンと引き締まります。

煮込み料理や、オーブン料理など肉料理によく合い、入れるだけで本格的な味わいに
また、ローズマリーは基本的に暑さにも寒さにも強く、管理がしやすいことからハーブ初心者の方におすすめです。
>>>「ローズマリー|育て方と管理方法!簡単でオシャレな活用方法も!
の詳しい記事はコチラ▼

ローズマリー|育て方と管理方法!簡単でオシャレな活用法も!【ハーブ】

 

2.ミント

ミントは別名セイヨウハッカとも呼ばれるシソ科の多年草です。
>>>「ミントの育て方と管理方法!種類と特徴や活用方法」の詳しい記事はコチラ▼

ミントの育て方と管理方法!種類と特徴や活用方法も!【ハーブ】

 

>>>「ミントの増やし方は?挿し木と株分けの方法や増えすぎ対策も」の詳しい記事はコチラ▼

ミントの増やし方は?挿し木と株分けの方法や増えすぎ対策も【ハーブ】

 

>>>「ミントの収穫(摘芯・剪定)のポイントは?切り戻しの方法も!
の詳しい記事はコチラ▼

ミントの収穫(摘芯・剪定)のポイントは?切り戻しの方法も!【ハーブ】

3.イタリアンパセリ

イタリアンパセリはセリ科の一年~二年草の植物です。
日本でよく売られているカール状のパセリより、香りが穏やかで、葉が柔らかく、育てるのも大変簡単です。
使いたい時にすぐに使えるように、日当たりの良いキッチンに置いておくのもおすすめです。
イタリア料理全般に使えるイタリアンパセリは、特に魚介類やパスタに入れると爽やかな香りが薬味となり、味を引き立ててくれます。
使いやすく、育てやすいのでオススメのハーブです。
 

4.バジル

バジルはシソ科の一年草で、春先に植えた苗が夏の間にどんどん成長し、秋まで育てられます
生育が旺盛で、大量に収穫できることから、最初に育てるハーブとして初心者にも人気があります。
一年草なので、毎年苗を買って育てるのもいいのですが、簡単に発芽するので種から育ててみるのも楽しいです。
パスタやサラダ、また大量に収穫できた時にはバジルペーストにして冷凍保存して作っておけば収穫時期を過ぎても楽しむことが出来ます。

 

 

5.タイム

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です