カレックスの増やし方|株分けの方法の手順や時期は?【グラス植物】

スポンサーリンク






カレックスは、日本を含め世界に2000種以上が分布するカヤツリグサ科スゲ属(カレックス属)の植物です。
緑葉のほか、光沢のある銅葉や黄緑色の葉、斑入りなどバリエーション豊かです。

カレックス類は、風になびく細い葉のラインや美しい葉色から、カラーリーフプランツとして近年急速に人気の高まっているグラス植物です。

そこで今回は「カレックスの増やし方|株分けの方法と手順や時期は?【グラス植物】」のタイトルで実際に株分けをして手順をまとめてみました。

こんな方におすすめ

  • カレックスを上手に増やしたい
  • カレックスの株分けの手順を詳しく知りたい
  • カレックスを増やす時期はいつがいいのか知りたい

それでは詳しく見ていきましょう!!

Sponsored Links

カレックスとは?

カレックスとは、日本を含め世界に2000種以上が分布するカヤツリグサ科スゲ属(カレックス属)の植物です。

非常に多くの種が属するカレックスですが、日本では約210種の種が自生しています。
カレックスには非常に多くの種が分類されており、栽培される品種も実に多様です。

ほとんどの品種は細長い葉をしていますが、葉の色は品種によってさまざま。
深いグリーンのものもあれば、明るいグリーンや赤・黄金色・白い斑が入ったグリーンなどもあります。

カレックスは、とても丈夫で育て易く、耐寒耐暑性に優れるグラス植物なので、初心者ガーデナーの方にも、おすすめです。

また、冬も常緑で一年中きれいな葉色を保ち、寄せ植えや、庭植えに欠かせない存在です。

 

にゃんこ先生
カレックスは耐寒耐暑性に優れた丈夫なグラス植物!
植えつけさえすれば、ほとんど手間いらずのオススメの植物!増やし方を知ってどんどん増やしてね!

 

>>>関連記事「カレックス|育て方や特徴も!おすすめの品種5選!【グラス植物】」の詳しい記事はコチラ▼

カレックス|育て方や特徴も!おすすめの品種5選!【グラス植物】

 

カレックスを増やす方法|株分けとは?

カレックス株分けで増やします。

種まきでも増やすことが出来ますが、園芸品種は親株と同じ葉色や草姿に育たないことがあるので、増やしたい場合は、株分けが簡単でおすすめです。

1株を分けて数株に増やす株分けとは、大きく育った株を掘り上げ、根を切り分けていくつかの株にする方法です。
宿根草で行うポピュラーな増やし方の1つで、種まきや挿し木(芽)よりも簡単です。

 

カレックスを増やす方法|株分けの時期は?

カレックスの株分けの適期は、植え替えと同様で、春の3月~4月上旬です。

 

カレックスの株分けの方法と手順は?

①大きく育ったカレックスの株を土から丁寧に堀り上げます。
(コンテナや鉢からも同じで、丁寧に根鉢を取り出して下さい)

庭のカレックスの画像

②必ず根をつけて2~3芽を1株とし、株を手で割くか、ナイフやカッターなどの鋭利な刃物で切り分けます。

カレックスの株分けした画像
にゃんこ先生
ポイント!株についた古い土は丁寧に落とした方がいいよ♪

 

③今回の用土は鹿沼土小粒とパーライトを等量配合して、水はけのよい用土を用いています。

植えつけの用土の画像

④用意したポットや鉢など容器に混ぜた用土を入れて、根を広げるように植え付けます。
水やりをして、株分け完成です!

カレックスの株分け完成の画像

カレックス|株分け後の管理は?

株分け直後は根が弱っているので2~3日は日陰に置きます。

株が落ち着いたら徐々に日当たりのよい場所に移し、新しい株として育てます。

カレックスは簡単に増える?

カレックスの株分けは比較的簡単だと思います。

なぜなら・・・
我が家では、株分けした際に植える場所として・・・

直接庭の明るい日陰の場所に植えたり

庭にカレックスを植えた画像

他の植物との寄せ植えをした時に、空いたスペースに植えたり

カレックスを寄せ植えした画像 カレックスを空いたスペースに寄せ植えした画像

気軽に増やしています。

にゃんこ先生
寄せ植えの空いたスペースにカレックスなどのグラス植物を入れるとアクセントにもなってオススメです♬

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?

カレックス類」の増やし方をまとめてご紹介しましたが、カレックスを増やすのは株分けがおすすめです。

ぜひ、この記事でカレックスの増やし方を知って頂き、お気に入りの株を増やして、楽しんでみて下さいね。

今回は、「カレックスの増やし方|株分けの方法の手順や時期は?【グラス植物】」のタイトル内容でお届け致しました。

それでは以上になります。
最後までご覧頂きありがとうございました。

また、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

*******************

▼クリックをお願いします♬▼励みになります♡

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です