ゴーヤや朝顔「緑のカーテン」|今年は育たない?日照不足対策とは?

スポンサーリンク






夏の猛烈な暑さをしのぐために効果がある「緑のカーテン」

窓の外でゴーヤや朝顔などの植物を育て強い日差しを遮るもので、毎年活用されている方も多いと思います。

日差しが強くなり最も効果が期待される時期になりましたが、首都圏を中心に異変が起きているようです。

そこで今回は「ゴーヤや朝顔「緑のカーテン」|今年は育たない?日照不足対策とは?」のタイトルでお届けしたいと思います。

Sponsored Links

緑のカーテンとは?

緑のカーテンとは、窓の外や壁面にネットを張って「ゴーヤ」や「朝顔」などのツル性の植物を育て、カーテンのように覆って強い日差しを遮るものです。

建物や室内の温度を下げる効果があり、自然の力を利用した夏場の省エネルギー対策としても最近、大変注目されています。

緑のカーテン画像参照元:東北電力

遮断率80%の緑のカーテン

日射の熱エネルギーをカットする遮断率(%)

  • 緑のカーテン:約80%
  • すだれ:50~60%
  • 高性能遮断ガラス:55%程度

上記の遮断率を比較してみても、夏の直射日光による室内の温度の上昇を防ぐには、葉の十分に茂った緑のカーテンが大変有効的です。

緑のカーテン2019|今年は育たない?

日差しの遮熱率が、約80%と最も効果のある緑のカーテンですが、この遮断率は葉の十分に茂った緑のカーテンでのパーセンテージです。

しかし、今年は、ところどころが黄色く枯れているほか、葉が十分に育っておらず、室内に日ざしが入り込んでしまう状況になっています。

同じような状況は、首都圏を中心に、緑のカーテンを育てている人たちからも寄せられているということです。
これは、6月から7月上旬にかけての記録的な日照不足や、気温の低さなどが影響しているとみられます。

立川市に近く、気象庁の観測点がある府中市では、7月1日から15日までの日照時間は、3時間足らずで、平年の50時間ほどに比べて、極端に少なくなっていました。

以下、ご紹介するのは・・
今年の日照不足で育っていない「緑のカーテン」の実際の声(症状)です。

(市役所)
日照不足のせいか、葉が小さく、なかなか『グリーンカーテン』という感じではありません。担当の職員も丹念に育てていたのですが、天候が厳しかったことが原因だと思います
長年育てていますが、この時期にここまで黄色くなるのは初めてです。日照不足で光合成がうまくできなかったのではないかと思います。ことしはスカスカになってしまい、いつもより日を遮る効果が弱まっていると感じます
ことし植えられた朝顔は、ツルが天井まで伸びていないうえ、葉が大きく育っていないため、隙間が広く空いていて、日光を十分に遮ることができない状態となっています。
もっと多くの葉を茂らせて、いつもどおり、日ざしを遮る緑のカーテンとして効果を発揮してほしいと思います

やはり今年は6月~7月上旬の日照不足と気温の低さで、
葉が小さかったり黄色くなってしまい、緑のカーテンとしての効果が薄くなってしまっているようです。

緑のカーテン|日照不足の対策は?

日照不足で、葉茎へのカリウム・マグネシウムの移行が少なくなると、写真のようなマグネシウム欠乏症の症状が現れます。

マグネシウム欠乏症の特徴は、植物の葉中のクロロフィル濃度が不足している状態であり、葉脈間の黄化が見られます。

こうなると、土壌への散布だけでは、良好な結果が期待できません
そこでNPO「緑のカーテン応援団」の菅原浩一事務局長は

これから育つ葉が元気になるよう、

  • 「葉にマグネシウムの肥料を直接吹きかけて(葉面散布)応急処置を」

と呼び掛けています。

これからでも遅くはないので、早急に葉面散布を行い健康的な「緑のカーテン」を取り戻しましょう。

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?

夏の暑さ対策を期待して育てていた、ゴーヤや朝顔の「緑のカーテン」。

今年は日照不足のために育ってない葉に、早速マグネシウムの肥料を葉面散布し、元気に育ってもらえるように対策を施しましょう。

真夏の日中であれば、緑のカーテンで日陰になった建物の表面温度は、10度ほど下がるため、室内に伝わる熱も低くなり、体感温度を下げる効果もあるということですので、エアコンなどの省エネにも繋がりますね。

今回は「ゴーヤや朝顔「緑のカーテン」|今年は育たない?日照不足対策とは?」のタイトルでお届け致しました。

それでは以上になります。
最後までご覧頂きありがとうございました。

*******************

▼クリックをお願いします♬▼励みになります♡

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です