KINTO おしゃれなプラントポット(プランター)を使ってみた!メリットとデメリットもご紹介!

お庭だけでなく室内で観葉植物を育て、部屋でもグリーンを楽しみたいという方が増えています。私もその一人でしたが、室内犬を飼っているため置き場所が限られているので諦めていました。

そんな時にネットで見つけたのが「KINTO(キントー)のプラントポット」でした。

このプラントポットを手に入れたことで、今ではグリーンをストレスなく気軽に、お部屋のインテリアとして楽しんでいます。

そこで「KINTO おしゃれなプラントポット(プランター)を使ってみた!メリットとデメリットもご紹介!」と題して、グリーンを手軽に吊って楽しめるKINTOのプラントポットをご紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • 小さい子供や室内犬がいて床に鉢を置けない(置きたくない)
  • 簡単に吊れるハンギングプランターを探している
  • シンプルでオシャレな吊れるプランターを探している
  • ハンギングプランターの水やり後のポタポタが気になる
  • 高さ(長さ)調節などが簡単に出来るものが欲しい

 

 

KINTOプラントポットとは?

床にプランターを置けないから、室内でグリーンを楽しむには無理だと諦めていたのに・・・
今では、吊るすことで、360℃どこからもグリーンを楽しめるようになりました。

ハンギング最高っ!て、なっています笑。

▼下は、我が家での「KINTOプラントポット」を楽しんでいる様子です笑

とっても気にいってるよ~♡

それでは、数あるハンギングプランターの中から、なぜ私がこれに決めたのか?!のポイントを5つご紹介していきたいと思います!

 

KINTOプラントポットのメリットとは?決めたポイント5つ!

 

KINTO プラントポット

 

KINTOプラントポットのメリット5つ

1.シンプルでおしゃれなデザイン
2.軽くて丈夫
3.フックまでついている
4.長さ調整が可能・簡単
5.水やりが楽・水やり後の水滴も垂れない

 

それでは、順番にみていきましょう!

1.シンプルでおしゃれなデザイン

✓部屋の中で使うものだから、お部屋のインテリアの邪魔になるものはイヤ。オシャレでシンプルなものがいいと思って探しました。

シンプルで丸みのある形と、さらりとしたマットな表情の樹脂で、どんなインテリアとも調和します。

吊り下げタイプの鉢植えは、マクラメ編みのような個性的なものが多いですが、KINTOのものは、細いステンレス製のワイヤータイプで、主張しすぎず、見た目がスッキリとおしゃれなんです。プランターがシンプルな方が、植物のシルエットが際立ち、より楽しめますよね。

これからグリーンを増やしていきたい方にも、シンプルなプランターだと見た目もスッキリでゴチャゴチャしないのは嬉しいですよね!

そして、シンプルな形状なので、お手入れも簡単です。

2.軽くて丈夫

✓ハンギングする。吊るす。となると、重さが気になりますよね。だから重い陶器鉢や焼物鉢は選びませんでした。

▲KINTOのプラントポットのネットの商品ページには、軽い樹脂製という説明があっただけで、鉢の重さまでは書いてなかったので、届いた鉢を実際にはかってみました。(植物を入れる前の重さです※写真は直径17.4サイズのタイプ:直径17.4サイズと14cmサイズがあります)。

135gでした!思っていたよりも軽い!!

 

【素材】
鉢 / ポリプロピレン、ウィートファイバー
ハンガー / ステンレス鋼

とにかく軽い樹脂製です。そして割れにくい素材です。

(吊り下げ用のハンガーは、細いステンレス製で耐荷重 3kgまで)

軽く割れにくい素材だと

✓吊るす場所にかかる負荷が少ない
✓もし万が一、落とした(落ちた)場合でも割れにくい

なので、安心して使えますよね!

 

参考のため笑
植物を植えた後にしつこくもう一度、重さを はかってみました。(中身:ベラボン※1と植物はディスキディア・ミリオンハートです)

355gでした!軽い!!

軽さの秘密は、土じゃなくベラボンを使用したことも理由の1つなんですが・・・笑(※ベラボンは土の代わりに使いました!なるべく軽く、そして室内に土を持込みたくなかったからです

▼私が使ったベラボンはコレです!▼

 

ベラボンについては、下の関連記事で詳しくご紹介しています♡

▼関連記事▼土を使わないで観葉植物を育てるために私が使ったベラボンについて詳しくお話ししています♬

>>>土を使わないで観葉植物を育てよう!ベラボンのメリットとデメリットや植え方も! | GARDEN PRESS (lesscash.xyz)

 

3.フックもついている

✓グリーンを、ワイヤーやチェーンや紐で「吊るす」となると、どうやって吊るそうか?と大変そう。なるべく簡単に設置できるものを選びました。

グリーンを「吊るす」と聞くと、「どうやって吊るしたらいいの?」ってなってしまうと思うのです。

でも、このKINTOのプラントポットなら悩まなくてもいいんです。

付属のワイヤーの先端にはフックがついています。しかも素材はステンレスです。丈夫だしサビない!!

このまま、このフックをカーテンレールや、突っ張り棒にヒョイっと引っ掛けるだけでOKなんです。(フックは直径20mm以下のバーなどに掛けることができます)

わが家は、ダクトレールタイプの照明なので、レール用のフックをつけることで本当に簡単に取り付けできました。

▼ひねるだけで簡単に取り付けられたレール用のフック

▼コレいい!決め手は外れ防止機能が付いていたことです!

カーテンレールなどに気軽に引っ掛けて飾れるなんて。。。賃貸でも飾りやすいのが嬉しいポイントです。

4.長さ調整が可能・簡単!

✓マクラメやチェーンは長さ調整が難しい。どんな場所にも吊るせるように長さが調整できるものが欲しい

KINTOのプラントポットで嬉しかったのは、ワイヤーの長さ調節が可能だったことです。マクラメ編みやチェーンタイプのハンギングでは、長さ調節は、ほぼ不可能ですよね。

KINTOのステンレス素材のワイヤーなら、吊るしたままでもフックのボタンを押すだけでサッと長さ調整が出来ますよ!

しかも長さは「52cm~120cm」までと、かなり幅を持って長さを変えられるので、飾りたい場所が変わっても対応できるので、使い続けることができます。

飾る高さが変えられる上に、調整が簡単なのはポイント高いですよね!

 

5.水やりが楽・水やり後の水滴も垂れない

✓植物に水やりをするたびに、ポタポタと鉢底から水が垂れてくるのはストレスですよね。鉢底がついているものを探しまくった。

▲写真は届いた箱の中身です。KINTOのプラントポットは3つのパーツが入っています。

①鉢(プランター)
風合いある樹脂で作られており、丸い形なので土や水や植物が入れやすくなっています。容器の底には穴があり、鉢の中の通気性を良くしてくれるので、植物を植えるのには最適です。

②鉢カバー(プランターカバー)
①の鉢がスッポリと綺麗に入る鉢カバーです。ワイヤーを通す穴がある外側カバーです。水をカバーするので、屋内でも安心して使えます。

③吊り下げ用ハンガー
素材:ステンレス鋼/フック付き/長さ調整可能:52cm~120cm

 

もうお気付きですよね!
鉢カバーと2つのパーツになっているので、水やりが超簡単なんです!

これは諦めていたので、本当に嬉しかったポイントです。

フックは吊るしたまま、中の鉢だけ取り出すことができるんです。そして、鉢の底には穴が空いているので、底から流れるほどたっぷりと水をあげても水はけがよく、加減をしなくてたっぷりあげられるので、水やりのストレスがなくなりますよね。

そして、カバーに戻せば床にポタポタと水滴が垂れてこないのもうれしいポイントです。

※水を与える際は、水が溢れてしまうことがあるため、鉢をカバーから外してくださいね。

 

おまけ

小さなお子さんや、ペットの手の届かない場所にグリーンを飾れるのがハンギングのいいところですよね!

このKINTOのプラントポットのおかげで私も、ワンちゃんがいてもストレスなく室内でグリーンを楽しめるようになりましたよ。

※設置の際は、万が一落ちてきてもお子様やペットに怪我の危険性がない場所を選んでくださいね。

 

KINTOプラントポットのデメリットはある?

これだけメリットが多い「KINTOのプラントポット」ですが、デメリットはあるのでしょうか?

私はKINTOのこれを使い始めてから、デメリットは感じていなかったので、ネットでの口コミをみてみました。

まずは良い口コミから笑。

ネットの良い口コミ

 

✅とても可愛らしくオシャレなハンギングプランターです。

✅ブラックを2個購入。真っ黒ではなく、商品画像の通りつや消しのダークグレーな色合いで、プラスチックぽくないです。吊り紐がワイヤーなのもスッキリしていてお洒落です。

✅吊るしたまま水やりをしても、受けが付いているので、水が落ちてこないのがとても良かったです!

✅ブラック購入しました。ケンゾイ飾っています。植物にもマッチしてとても良いです!

✅大きさ、カラーバリエーションも豊富でリピートしました。

私の感想とほぼ同じです!皆さん満足されていますね!

 

ネットの悪い口コミ

✅もう少し安価なら…と悩みましたがほかに似た商品もなく購入しました。さりげなくて可愛らしいです。シンプルなので、どんなお部屋にも合うと思います。

こちらは私も同意見でした♪でも鉢と鉢カバー、そしてステンレス製のワイヤーとフックまでついていて、こんなにおしゃれで機能もいいものは他にはありませんでした。逆に安いのでは!ってなりましたよ笑

 

✅水やりが大変です!見た目のシンプルさで購入しましたが、葉が傷みやすい…受け皿に溜まった水を捨てるのに、ワイヤーで葉が折れたり切れたり、このプランターはかなり丈夫な植物でないと難しいかもしれません!

こちらは使い方次第だと思いました。鉢カバーから外さずに水やりをした場合や、水やりをしてスグに鉢カバーに戻した場合に、こうなるなぁ。と思いました。私は鉢カバーから外して水をやり、水がある程度落ち着いてから鉢カバーに戻しています。なので水が湿ってしまう程たくさん溜まったり、水をわざわざ捨てなくてはいけないということはないですよ。

 

使い方次第だと思いますので!ぜひ上手く「KINTOのプラントポット」を部屋に取り入れてグリーンライフを楽しんで下さいね!

KINTO(キントー)プラントポット

▼即欲しい方へ!翌日届くKINTOのプラントポットはコチラ笑▼

カラーは2色から

「KINTOプラントポット」のカラーは黒と白の2色あります。どちらもマットな質感なので高級感がありますよ。

 

9月24日まで405ポイントが付くので超お得!

サイズは2サイズ

サイズは大小2種類からお選びいただけます。直径が14cmと小さいサイズと直径17.4cmの大きいサイズです。

私はホワイトを大・小2サイズ注文して3,980円以上「送料無料」にしましたよ笑。

そして気に入ったので、次はブラックを買いたいと思っています。

 

KINTOの商品とは・・・

今回は、「KINTOプラントポット」をご紹介しましたが。。

実はKINTOの商品は、おしゃれでシンプル・機能性もいい商品が多いので、以前から間違いないと思っていたので「KINTOプラントポット」を購入して、益々KINTO商品を好きになりました。

▼私も愛用中のフラワーベース(上だける優れものです)

▼関連記事▼サボテンの水耕栽培に使っています♡

▼おしゃれなフラワーベース(送料無料)

 

KINTOの商品は他にも魅力があるものがいっぱいあるんですよ(*´ω`*)
見れば見るほど欲しいものがいっぱいなので、少しづつお気に入りを増やしていきたいと思っています。

最後に。。。

KINTOプラントポット、いかがでしたか?

私は理想のハンギングプランターに出会えたと思ったので、今回 嬉しくてご紹介しました笑。

今回は「INTO おしゃれなプラントポット(プランター)を使ってみた!メリットとデメリットもご紹介!」のタイトルでご紹介致しました。

あなたがハンギングプランターを選ぶ時の参考になれば嬉しいです(^^♪

それでは以上になります。
最後までご覧頂きありがとうございました。

少しでもこの記事が、お役に立てれば嬉しいです。

*******************

他にも私のオススメの植物やガーデニング雑貨をまとめています♪

管理が簡単なものばかりですよ
クリックして覗いてみて下さいね♡

 ▼  ▼  ▼

 

▼クリックをお願いします♬▼励みになります♡

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

おすすめ記事



コメントを残す