ロハスフェスタ万博2019|駐車場や混雑は?持ち物や雨の日の開催は?

スポンサーリンク






万博記念公園東の広場で、『ロハスフェスタ万博Autumn』が
2019年11月1日~5日(1st)と、11月15日~17日(2nd)
の2部制で、いよいよ開催されます。

今や毎回10万人以上の方が来場するまでとなったオシャレでこだわりの食やモノが集まる大人気イベント「ロハスフェスタ万博」。

そんなロハスフェスタのコンセプトは「オシャレにかわいくエコを実践しよう」がコンセプト。

普通のイベントとはひと味違うので、参加するには事前の準備が必要です。

そこで、ロハスフェスタを思いっきり楽しむために「持ち物」や「駐車場の混雑状況」などのお役立ち情報をまとめました!

こんな方におすすめ

 

  • ロハスフェスタ万博に初めて行く
  • 混雑状況や近い駐車場を知りたい
  • 持ち物や持っていくと便利なものを知りたい

 

それでは「ロハスフェスタ万博2019|駐車場や混雑は?持ち物や雨の日の開催は」のタイトル内容をポイントにご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

ロハスフェスタ万博2019|駐車場や混雑は?

秋のお出かけシーズン真っただ中に開催される「ロハスフェスタ2019Autumn」!

当然、混雑が予想されます。

公式HPでも・・・

お車でのご来場は可能ですが、混雑が予想されるため、できるだけ電車やバスなどの公共交通機関をご利用のうえ、ご来場ください。

とある通り、例年この時期は様々なイベントも重なるため、駐車場は満車になり、道路に溢れたりしていることがあるようです。


万博記念公園駐車場まとめ

ロハスに行くには、東口駐車場・中央駐車場が最寄りの駐車場になります。

東駐車場 合計998台

(内、障害者専用 12台・バス専用 10台)
※自動二輪専用 約30台

中央駐車場 合計971台

(内 、障害者専用 11台・バス専用 50台)

南駐車場 合計1,218台

(内、障害者専用 15台・バス専用 8台)
※自動二輪専用 約50台

西第一駐車場 合計691台

(内、障害者専用 12台)

日本庭園前駐車場 合計612台

(内、障害者専用 8台・バス専用 34台)
※自動二輪専用 約45台

  • 公園駐車場のリアルタイムの混雑状況はこちらから確認出来ます!!

駐車場情報

▲こちらで駐車場の混み具合の更新を見ながら移動されることがおすすめです!

駐車料金(普通車の場合):2時間まで平日 410円 土日祝日:620円
※消費税変更のつき料金も変更になっています(2019/10更新)

詳細はこちら ⇒ 駐車場料金

お車で行かれる方は、9時前を目途に駐車場に到着されると、お近くの駐車場にまだ空きがあるかもしれません。
ただ8時半頃から既に、駐車待ちの車の列は出来ています。

あと、入るときはスンナリだったのですが、帰りは出るのに1時間近くも・・・」
という声もありました。
帰りの時間も混雑時を少しずらすのがいいのかも知れませんね。

とにかく秋は万博公園近くでもイベントが多い時期です。
運転にはお気をつけてお出かけ下さいね!

ロハスフェスタ万博|混雑予想は?

私は昨年の春に行きましたが、9時に万博公園自然文化園の公園入口に到着、9時半の開園前にも関わらず、すでに行列が出来ていてビックリしました。

今では毎回10万人以上の方が来場するまでの大人気イベントになった「ロハスフェスタ万博」。

2年ほど前には、300ブースほどだった出展数も、2019年は600ブース以上が出展!

出展されるブースも様々ですが、とにかく若い家族連れやオシャレな方が多く集まるイベントで人気のブースは多くの方が入場と同時に駆け付け、人気の陶器やアクセサリーは早くに売り切れてしまうこともあるようです。

お目当てのものがあれば朝から行くべし!

ロハスフェスタ万博は9時30分から始まります。

オープンと同時とまでは言わなくても、お目当てのブースがあれば、
9時半頃には万博公園に入園してロハスフェスタを楽しむのがおすすめです。
また、事前にお目当てのブースの場所を確認されてから入場されると、なお
スムーズです。

ブース番号や会場図を確認出来ます!⇒ 出展者情報など

アクセスが集中し、ページの閲覧がしにくい状況になっているようです 
 
 
また、お昼を過ぎるとテントやシートを敷ける場所も、グルメ長蛇の列で、どこも大混雑します。
 

とにかく会場に入ってしまえば、来場者が多くても広々した敷地ですので混雑は気になりませんが、狙っているものがあるなら9時半~10時頃には会場やブースに向かわれることをオススメします!!

ロハスフェスタ|あると便利な持ち物リスト

「オシャレにかわいくエコを実践しよう!」を、コンセプトに始まったイベントです。

そのロハスフェスタの必需品といえば・・

  • マイバッグ(エコバッグ)
  • マイ食器(マイカトラリー)
  • マイボトル
  • レジャーシート

マイ食器、カトラリー、ボトルにマイバッグ

これらを持参すると特典を受けられる飲食のブースもあります。

 

マイバッグ

基本的に、ロハスフェスタでは、雑貨や服を買った際、お店側は袋を用意してくれません

ロハスフェスタはエコのイベントなので、紙袋やビニール袋ではなく持参したマイバッグ(エコバッグ)を利用することになっています。

もちろん、マイバッグを忘れた場合は、お店側が袋を用意してくれることもありますが、マイバッグ持参だと、”何か”おまけをもらえることもあるので、お得に楽しめます!

買いすぎたときのことも考えて、大きめのマイバッグか、2.3個持って行った方が便利です。

もしお忘れの場合は、エコリサイクルコーナーにて一般来場者の方から
回収した「紙袋」を会場に無料で設置してあります。

また、無人カトラリー販売所では「生分解性レジ袋」を有料で販売されています。
もしもの場合はご活用ください。

 

マイ食器(マイカトラリー)

ロハスフェスタでは、食べ物を買ったときも、お店側は食器を用意してくれません。

持参した、マイ食器に入れるのが基本です。
(※使い捨ての紙皿や割りばしはマイ食器とは認められないので注意)

•お皿(タッパー)
•おはし、フォーク、スプーン

など、食べるときに必要なものは、全て持っていきましょう。

お皿は、平らなものではなく、フタができて重ねられるタッパーなどがおすすめです。

できれば、カレーや丼ものや汁物も入れられるように、底の深い大きめのタッパーが便利です!

私は初めて行った時に、平らなお皿を持参したのですが、歩いている途中にカレーを落としてしまいそうになりました(汗)…

そんな悲しいことにならないために、フタつきの深めのタッパーにすることを、強くおすすめします!

使い終わったマイ食器は、洗い場がありますので、そこで洗って繰り返し使います。

一度にたくさん食べたい人や、毎回洗うのがめんどくさい人は、タッパーも多めに持って行くといいでしょう。

ちなみに、もしマイ食器を忘れてしまっても、各お店で、リユース食器を100円で購入することができます。

購入したリユース食器は、もちろん持って帰れるので、次回のロハスフェスタで使うこともOKです。

木製のおはしやスプーンも、各10円で販売されてはいますが、ロハスフェスタをお得に楽しむためには、できるだけマイ食器を持参した方が良さそうです。

また会場では・・・

ロハスフェスタ・オリジナルのカップとお皿、丼の3点セットの「お支度セット」が販売されているので、記念に購入されるのもいいですね♬

  • 販売価格 :800円
  • 販売場所:ロハスフェスタオリジナルグッズ販売ブース

 

マイボトル

飲み物を入れる、マイボトルも持参しましょう。

暑い日も多いので、保温のできる水筒やタンブラーなどがおすすめです。

コップやマグカップでもいいのですが、フタがないと持ち運びにくいので、なにかと不便に感じるかも。

またマイボトル持参すると「給茶スポット」で無料でお茶を入れることができますよ。

ちなみに、使い捨ての紙コップやペットボトルは、マイボトルとは認められませんので、ご注意してください!

 

レジャーシート

その他、まず持参して欲しいのが、レジャーシートです。
ロハスフェスタ会場には、ベンチはほとんどありません。

レジャーシートがあれば、どこでも自分のスペースを確保できます(笑)
休憩したり、食事をする際にもレジャーシートがなければなかなか場所の確保は難しいです。

ですので、食べ物を食べたり、休憩したりするときに、レジャーシートは必須です。

芝生も多いので、レジャーシートを広げて座ると、ピクニック気分で気持ちいいですよ。

最近では、ワンタッチタイプのテントを利用する人も多いです。

テントなら、日陰の場所が取れなくても、日よけになるし、プライベートな空間にもなるので、便利ですよ。

また特に小さい子供連れのファミリーの方が、9時半の開門とともに一目散に向かわれる人気の場所があります!!

それは・・・

「ロハスフェスタ会場内」の木陰エリアで平坦な場所入口近くのアスファルトエリア東側の子供の遊具があるエリア西側の木陰エリアです。

万博公園で1日中ゆっくりと過ごす方も方も多いので、一目散にスペースを陣取り始めるという訳です。

そして我先にとレジャーシートやワンタッチタイプの簡易テントを広げます!

画像のようなテントがズラリっと並んで圧巻ですね!!

(注意:会場内では安全管理のため「アルミフレーム」等の素材のテント及びタープの使用、ペグの使用は禁止されています)

 

番外編:キャリーカート

あと、たくさんの方が持ってこられててコレは便利だなぁ。と思ったのが、折りたたみが出来るキャリーカートです。

ロハスフェスタでは、キャリーカートで荷物を運ぶ人がかなり多いです。

画像のように、ブースで買った様々なもの、オシャレな棚や重たいものなどを買っても、カートにポイポイと入れて持ち運ばれいる方が本当に多かったのに驚きました。

今度行くときには私も持っていこうと思った1番のアイテムがこのキャリーカートでした。

 

雨の日の開催は?対策は?

「ロハスフェスタ」は基本は雨天決行です
よほどの強風・大雨・雷ほか、主催者が危険と判断した場合のみ中止となるそうです。

雨の場合も開催されるので、降雨量によりますが、足元がぬかるむことが予想されますので、その場合は長靴など持参されると便利だと思います。

ロハスフェスタ2019秋【Autumn】開催情報

オシャレにかわいくエコを実践しようとはじまったロハスフェスタも、今では毎回8万人以上の方で賑わう大人気イベントです。

ロハスフェスタでしか手に入らないアンティーク雑貨や家具、手作りの小物やアクセサリー、こだわりの食材のフードなど・・
あなたのお気に入りのものを探しに出かけてみてはいかがでしょう!!

◆ロハスフェスタ万博2019Autumn開催日程◆


1st:2019年11月1(金)~11月5日(火)
2nd:2019年11月15日(金)~11月17日(日)

時間:
9:30~16:30(入場は16:00)まで

会場:
万博記念公園 東の広場

入場料:
350円
(小学生以下無料)
※別途万博公園自然文化園の入園料(大人260円・小中学生80円)が必要
※障害者手帳をお持ちの方、ご本人と介助者1名無料

交通アクセス:
大阪モノレール「万博記念公園駅」「公園東口駅」下車

雨天決行 ※荒天により中止になる場合あり。

 

最後に・・・

ロハスフェスタ万博は1度行かれるとやみつきになるイベントです(笑)

開催場所が万博公園ということもあって、小さな子供連れの家族の方も公園で遊ばせながら買い物できる場所として、レジャーの1つとして楽しみにされている方も沢山いらっしゃることと思います。

また会場内のステージでは色々なパフォーマンスやアーチストの演奏があったり、ワークショップやフード、雑貨、植物などの販売ブースなど・・年齢を問わず楽しめる内容が盛沢山です。

ぜひピクニック気分で、あなたも「ロハスフェスタ万博2019」に足を運んでみて下さい!!

今回は「ロハスフェスタ万博2019|駐車場や混雑は?持ち物や雨の日の開催は」のタイトルでお届け致しました。

それでは以上になります。
最後までご覧頂きありがとうございました。

*******************

▼クリックをお願いします♬▼励みになります♡

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です